今村 守孝
                                    
秋の天の川
 
 夏の天の川の時期が南から西に過ぎ去ると、夜空はそろそろ秋の気配がしてきます。秋の天の川の流れは繊細で、静かに流れる星々の川です。上の写真でも微恒星が作るうっすらとした天の川の中に、明るい星々が輝いているのがわかります。
 上の写真で一番目に付く星座はなんでしょう。まずはWの形で有名なカシオペア座が浮かんでいます。 画面中央、カシオペア座の右にボンヤリ浮かんだ銀河が写っています。これが有名なアンドロメダ銀河です。私たちの天の川銀河系から230万光年も離れた彼方の銀河です。
 またカシオペア座の下にはペルセウス座の二重星団が光っています。その他にも名所もたくさんある秋の天の川の流れです。


《作者より》

 ブライスキャニオンは風化によってできました。古第三紀前半この一帯は湖でした。洪水の発生や水深の変化により、石灰岩、砂岩、頁岩などの地層が堆積しました。約1000万年前、一帯は隆起し標高2400〜2700mの台地となりました。


<撮影データ>

     

撮影日時   
露出     
カメラ     
光学系     
撮影システム 
印刷システム 
画像処理システム  
撮影地       
2016年10月6日 22:58
露出30秒×4枚
Canon 6D ISO 6400
トキナー 16-28mmF2.8をF2.8 16mmで使用 Lee SOFT3使用
三脚使用
エプソン EP-976A3
ステライメージ7
ブライスキャニオン付近
inserted by FC2 system